オートローン選びの為に複数ディーラーから見積もりを出してもらう

オートローンを組むなら、比較する事が大切です。それぞれ手数料に関する違いがあるからです。
オートローンを選ぶ際には、やはり金利の数字などは大切なポイントになります。その数字が大きいか否かで、オートローンを選ぶ方々も少なくありません。
ところでオートローンは、たいていはディーラーから紹介されます。新車を購入する時には、ディーラーを経由する事が多いですが、そのお店からローンが提示される事もよくあるのです。
『オートローン』自動車のローンはどこで借りるのがお得?銀行ローンがオススメ
ただし上記の通り、オートローンもそれぞれ違いがあります。果たしてディーラーから紹介されるローンは、本当に金利が妥当なのか気になる事もあるでしょう。
ところでディーラーからは、見積もりを出してもらう事も可能です。そもそも新車の購入をする時にも、ディーラーから見積もりを出してもらうでしょう。見積もりを出してもらう分には無料ですから、車の比較をする為に、複数のディーラーで相見積もりを取っている方々も珍しくありません。
全く同じ事が、オートローンも可能なのです。各ディーラーからローンの見積もりを出してもらうのも、たいていは無料になります。
オートローンの金利1つで、数十万もの差がつく事もよくあります。負担額をできるだけ低く抑えたい時には、複数のディーラーから見積もりを出してもらうと良いでしょう。

金融機関より近くの身内が一番!初めてならまずは身内に借金をお願いしましょう!

どうしてもお金が必要となった場合、親や親戚、友人に借りられるのならそれが一番いいでしょう。特に身内なら利息を支払う必要もなく、厳しい取り立てに苦しむことはないからです。
三井住友銀行カードローンのATM
しかし個人同士のお金の貸し借りでも利息を取ることはなんら違法ではなく、利息制限法に基づき利息を取れます。ちなみに利率は、元本が10万円未満なら年20%、10万円以上100万円未満なら年18%、100万円以上なら年15%となっています。個人同士のお金の貸し借りでも、利息制限法を超えて利息を取ると処罰の対象となるのでご注意下さい。ですから例え親・兄弟の間柄でも、借用書を作成して金利や月々の返済額を決めておくとトラブル防止となります。なお金利の約束をしていない場合でも、民法404条により年5%の利息を取ることは可能です。
このように個人同士のお金の貸し借りでも、実はいろんな法的制限を受けます。親しい間柄で借用書のやり取りなど煩わしいと思うなら、金融機関でお金を借りればいいのです。しかし金融機関は年齢や職業要件や審査があり、誰でも貸してもらえるわけではありません。特に20歳未満の方はたとえプロ野球選手でもお金を貸してもらえず、親や親戚などに頼るしかないのです。そういった意味でも、初めてなら身内に頭を下げてお金を借りるのが何かと安心です。

リスクがある事を忘れないで!カードローンを利用してお金を借りる時の2つの注意点

金欠の状態になっている時は銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる事が多いですが、注意しなければいけない点があるのでしっかり把握しておく必要があります。利用の仕方を間違えてしまうと面倒な事になってしまう可能性もあるのでカードローンを利用してお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

・必要な分だけ借りるようにする
アコムの無人契約機はどこ?

カードローンを利用してお金を借りる時は融資の依頼をして指定の口座に振込をしてもらえる振込キャッシングを利用する事が出来ます。振込キャッシングを利用していると自分の口座からお金を引き下ろすだけになるので預金を引き下ろしているのと同じような感覚になってしまいます。それでカードローンを利用してお金を借りているという感覚がなくなってしまうので借り過ぎて返済総額が多くなってしまう事もあります。返済が困難になってしまう可能性もあるので必要な分だけ借りるようにしましょう。

・早めに返済をする

カードローンを利用してお金を借りる時は金利が発生するので利息が加算されていきます。返済期間が長引いてしまうと加算される利息も多くなってしまうので返済する時に負担がかかってしまいます。カードローンを利用してお金を借りたら早めに返済するようにしましょう。